言ってはいけない言葉を把握しよう

知っておこう!時代で変わる冠婚葬祭忌み言葉

>

不幸を思わせる言葉を使わない

不幸が続かないように

葬儀の時に重ね言葉を使うと、不幸が続くと思われます。
縁起が悪いので、使用しないでください
また、繰り返しや浮かばれないというような表現も禁止されています。
葬儀の忌み言葉は種類が多いので、よく調べていないとうっかり口に出してしまうことが考えられます。
結婚式と異なり、葬儀は急に呼ばれることが多いです。

呼ばれてから勉強しようと思っても、時間が足りません。
いつ葬儀に呼ばれてもいいように、忌み言葉を勉強しましょう。
高齢の人は、忌み言葉を非常に気にしている傾向が見られます。
会社の付き合いがあった人の、葬儀に参加することもあるでしょう。
若い人は忌み言葉を知らないことが多いので、葬儀の時に恥をかかないよう学んでおきましょう。

死に直結する言葉とは

もちろん葬儀では、死ぬというように直接的な表現を避けなければいけません。
故人を亡くしたばかりの遺族は、まだ気持ちの整理がついていないことが考えられます。
うっかり故人が死んだと伝えると、遺族の悲しみを大きくしてしまうので注意してください。
死ぬだけでなく、生きるという言葉も葬儀には向きません。
故人にもっと長く生きてほしかったと伝えたくても、生きるという言葉は使わないで表現してください。

また、数字にも注意しましょう。
4は死を連想し、9は苦を連想するので葬儀中は避けられています。
時間や日にちを指定する場合は、そのような時間帯を避けてください。
言葉選びに集中しすぎて、数字が疎かになる人が見られるので意識しましょう。


この記事をシェアする