言ってはいけない言葉を把握しよう

知っておこう!時代で変わる冠婚葬祭忌み言葉

>

再びという言葉も禁止されている

再婚をイメージさせないようにする

別れて、再び別の誰かと結婚するのも良くありません。
結婚式では縁起が悪いので、そのようなイメージを持たれないよう言葉を選んでください。
再び、重ね重ねという言葉は控えましょう。
忌み言葉を間違って使ってしまうと、新郎新婦に嫌な思いをさせます。

人生最大のイベントなのに、自分が原因で嫌な思い出になったら責任を取れません。
また実際に新郎新婦が将来離婚した時に、気まずい思いをすることもあります。
トラブルが起きないように、忌み言葉を理解して、使用しないことを心がけてください。
ですがあまりにも忌み言葉を気にしすぎてしまうと、言葉を出すのが怖くなってしまいます。
それでは結婚式を楽しめないでしょうから、勉強しましょう。

冷めるという言葉を置き換える

人を好きだという気持ちが薄くなって行くことを、冷めるという言葉を使って表現することが多いです。
一般的に使われている表現方法ですが、結婚式では縁起が悪いので禁止されています。
温かい料理が提供された時は、冷めないうちにお召し上がりくださいと言うでしょう。

しかし結婚式では、お熱いうちになどという表現に置き換えるのがマナーです。
別の言葉に置き換えれば問題ないので、言葉をたくさん知ってください。
また、出口という表現も好まれません。
お開き口と表現されると、覚えておきましょう。
うっかり口に出すことがないように、結婚式に参加している間は常に意識してください。
きちん意識していれば、トラブルが起こることはありません。


この記事をシェアする