言ってはいけない言葉を把握しよう

知っておこう!時代で変わる冠婚葬祭忌み言葉

>

正しいマナーで参加するため

おめでたい気持ちを伝えよう

結婚式では、新郎新婦におめでたいという気持ちを伝えてください。
そのためには、言葉選びが非常に大切です。
忌み言葉を嫌う人が多いので、使用しないことを心がけてください。
結婚式の忌み言葉は、新郎新婦の別れを想像させる言葉です。
別れるという言葉以外にも離れる、終わるという言葉も使わないでください。

切るという言葉も、縁が切れると思われるので使用できません。
結婚式でウエディングケーキを切るシーンがあると思いますが、必ずケーキ入刀と言います。
切る、カットという言葉は使えないので、他の言葉に置き換えなければいけません。
普段は特に何も意識していないでしょうが、使って良い言葉なのか、もう1度よく考えてから口に出しましょう。

スピーチを依頼された場合

親しい友人が結婚した際は、スピーチを任されるかもしれません。
苦手な人もいるでしょうが、友人の頼みなので断るわけにもいきません。
引き受けたからには、正しい言葉を使ってスピーチを実行しましょう。
何を言うか、事前に考えておくことをおすすめします。
結婚式の当日に、その場でスピーチを言おうと思っても言葉が出てこないので、滅茶苦茶なスピーチになってしまいます。

また、慌てていると忌み言葉を使ってしまうかもしれません。
スピーチは、会場にいる人全員が聞きます。
そこで忌み言葉を使うと、自分に教養がないことをアピールしていることに繋がります。
前もってスピーチの内容を考えて、言葉選びに問題がないかチェックしましょう。


この記事をシェアする