言ってはいけない言葉を把握しよう

知っておこう!時代で変わる冠婚葬祭忌み言葉

再びという言葉も禁止されている

縁起が悪い言葉は、結婚式で使用できません。 別れだけでなく、再婚を連想させる言葉もあるので注意してください。 また、再びといった言葉は避けてください。 冷めるという言葉も使えないので、どんな言葉に置き換えれば良いのか勉強しましょう。 マナーを守って参加してください。

不幸を思わせる言葉を使わない

さらに不幸が続きそうな言葉や、死に直結する言葉は葬儀の時に使ってはいけません。 遺族にお悔やみの言葉を伝える時に、忌み言葉を使ってしまうと悲しみを増やしてしまう可能性があります。 結婚式とはまた異なる忌み言葉なので、よく勉強して理解しましょう。

正しいマナーで参加するため

みなさんは、忌み言葉を知っているでしょうか。 冠婚葬祭の時に嫌われることばなので、絶対に使用しないでください。 結婚式に参加する際は、別れを連想させる言葉は禁止されていると覚えておきましょう。 言葉を選んで、新郎新婦に自分の気持ちを伝えてください。

別れを連想させる言葉

結婚式やお葬式で、どのような言葉を使えば良いのか知っていますか。
知らないで普段通りの言葉を使っていると、忌み言葉を言ってしまい周囲から常識がない人だと思われることがあります。
冠婚葬祭に参加することになったら、忌み言葉を事前に調べておきましょう。
結婚式では、新郎新婦の別れを想像させるような言葉は禁止されます。
別れるという言葉はもちろん、切る、離れる、終わるという言葉は使わないでください。
スピーチの際は、別の言葉に置き換えましょう。

結婚式では、再婚を連想させる言葉も使ってはいけません。
再び、また、重ね重ねなどの言葉も使用できないと覚えておきましょう。
結婚式は新郎新婦にとって、人生最大のイベントとも言えます。
大切なイベントが、自分のスピーチが原因で楽しくないものになってしまうかもしれません。
また仮に新郎新婦が将来別れることになった時、あの時忌み言葉を使ったことが原因だと責任転嫁されることがあります。
そうならないよう、忌み言葉に注意しましょう。

お葬式でも、使ってはいけない忌み言葉があります。
重ね言葉や、不幸が連鎖するように感じる言葉は使用できません。
スピーチだけでなく、お悔やみの言葉を遺族に伝える時にも意識しなければいけません。
また数字の4や9、死に直結する言葉も避けた方が良いでしょう。
特に年配の人は、忌み言葉を気にする傾向が見られます。
若い人は忌み言葉を知らない人も多いでしょうから、勉強しましょう。